FC2ブログ

神話キム・ドンワン、パンソリ史劇映画'歌い手'出演…イ・ユリと呼吸[公式立場]

2019/08/13 (火)  カテゴリー/Dongwan

0001031914_001_20190813081924620.jpg

歌手兼俳優のキム・ドンワンが朝鮮末期を背景にするパンソリ史劇映画'歌い手'に出演を確定し目を引いている。
キム・ドンワンが出演を確定した映画'歌い手'は朝鮮時代を背景にするパンソリ史劇映画で賎民の身分を持っている歌い手が朝鮮八道を飛び交って体験する悲しみと痛みを描いた映画だ。
映画‘歌い手’でキム・ドンワンはパンソリ一座の一党役を担って歌い手が朝鮮で生きて体験した恨を解消する過程と一緒に収奪によって疲弊した百姓たちを慰めて道の上で会った同僚たちと一つになる姿を現わす予定だ。
2004年映画‘まわし蹴り’でスクリーンデビューしたキム・ドンワンはこれまで'ヨンガシ','グローリーディ'等多数の作品を消化してキャラクターの魅力を完璧に消化して着実に活動をしてきただけ映画'歌い手'を通して見せてくれる史劇演技に対する観客の期待感が高まっている。
それだけでなくドラマ'天国の子供たち'を始め'悲しみよさようなら','愛する人','がんばれミスターキム!','会社に行きたくない'等に出演して限りない演技スペクトルを積み重ねたキム・ドンワンは2011年時代劇‘絶頂’で詩人、評文家、独立活動家の役を完璧に消化したことがあって‘歌い手’ではまたどんな魅力で観客の目と耳を惹きつけるのか成り行きが注目される。
これに対しキム・ドンワンは“チョ・ジョンネ監督の意味ある作品にご一緒して非常に光栄だ”として“劇中歌い手たちとの演技合わせのために個人的に声と鼓法(パンソリの太鼓を叩く方法)だけでなく書道を習って真正性ある演技を見せようと努力している。多くの期待と関心お願いします”と伝えた。
映画'歌い手'は今年9月クランクインして来年上半期封切り予定だ。

出処 : xportsnews.com

世間はお盆休み真っ最中かもしれませんが
ワタシは本日も通常勤務

とはいえ、ほとんど電話もないし
この時期には珍しくウチの課のメンバーが数名出てきているので
後は任せて午後から半休を取ることにしました。

って、そんなことより
気になっていたドンワンのパンソリ
公式に出演が決まったようです!

太鼓の練習だけじゃなく、書道までやっていたなんて。
(それにプラスしてお料理まで習って、養蜂するって…どんな生活してるんだ

9月クランクインとのことで忙しくなるだろうし
今月いっぱいは準備もあるだろうけど
体調を整えつつ
自分の時間を大切に過ごしてもらいたいですね。
スポンサーサイト