FC2ブログ

神話'21年オレンジ信頼、当たり前のように会いたい幸福に'

2019/04/22 (月)  カテゴリー/Shinhwa

神話、'21年オレンジ信頼、当たり前のように会いたい幸福に'
(21周年記念コンサート'Chapter 4'総合)


神話21周年記念コンサート'Chapter 4'レビュー

長寿アイドルの象徴でありK-POP韓流の元祖と呼ばれるグループ神話がコンサートを通じてファンたちの永遠不滅である信頼に報いて歴代級神話の足跡を作る意志を表わした。
21日ソウル松坡区オリンピック公園KSPO DOME(オリンピック体操競技場)では神話のデビュー21周年記念コンサート'Chapter4'が開催された。

0000981967_003_20190421204505654_3.jpg

今回のコンサートは21年間活動を応援したファンたちに対する神話のまた別の恩返しと同時にファンたちと一緒に描いて行く新しい神話の姿を表現する舞台として用意された席だ。
特に'Chapter 4'という公演タイトルで思い浮かぶように21年間の神話の代表名曲を期間順に分けて総合的に会って現在進行形K-POP代表グループとしての象徴を表現する舞台としての価値を持ったことで2日間2万席余り売り切れを達成するなど大きな関心を集めた。
この日の舞台もやはり相変らず情熱あふれる神話メンバーの姿はもちろん、彼らを応援する神話創造(神話ファンクラブ名)の華麗なオレンジ光の波で戦慄と感動を感じさせた。

◇'デビュー初 神話をトレンディーに見る
'神話21周年コンサート'Chapter4'序盤部


0000981967_002_20190421204505645_2.jpg

公演序盤部は'Chapter 1'というサブタイトルの下 1998~2002年当時の神話の姿をトレンディーに描き出したような舞台で構成された。解決士、Only One、Perfect Man、Wild Eyesなどタイトル曲中心の舞台と소망、Trippin、I Pray 4 U、Jam#1の収録曲中心の舞台に分かれたセクションの中で神話の象徴として呼ばれる強烈な音楽魅力とファンたちとの音楽交感が引き立って見えた。
特にロック編曲と共に強烈なコードに変身したデビュー曲解決士と神話パフォーマンスの代表の一つであるWild Eyesの椅子パフォーマンスなどを筆頭にライブバンドサウンドと共に余裕と柔らかさ、強烈さとカリスマを行き来する神話メンバーの音楽舞台が大挙繰り広げられて目を引いた。
ここに소망、I Pray 4 Uなど強烈な舞台音楽で交感する神話と神話創造の姿が序盤から劇的に表れてChapter 1で表現しようとした当代の姿をトレンディーに見せるような印象を受けた。
チョンジンとエンディは"2日目公演もいっぱい満たしてくれて感謝する。今日も楽しい公演が多いので一緒に楽しんで見よう"と話した。引き続きイ・ミヌは"公演のタイトルがChapter4のように4部で分けて21年間休むいうなしに駆け抜けた姿を入れた。休むことなく駆け抜けたほどセットリストがレジェンド級だ。楽しんでみよう"と話した。

◇'全盛期と混沌期の中 公告した音楽観念
'神話21周年コンサート'Chapter4'中盤部


0002803660_003_20190421203902197.jpg

'Chapter 2'という名前で構成された公演中盤部の舞台は神話の最盛期に選ばれる2003~2008年の曲たちで満たされた。サブイントロに繰り広げられたVCRの中で描写されるように最盛期を走って行く渦中に完成された彼らの音楽情熱と義理を間接的に描写するようだった。
特に神話の代表曲として愛されるBrand NewとOh、Shooting Starで表現される自信ある姿と흔적、약한남자、열병などのステージの中のおぼろげな姿は現在進行形長寿アイドルに成長してきた神話の多様な努力と感情を連想させた。
この中でも自然なアンコールを叫ぶほど神話のエネルギッシュさとハーモニーがよく描写された'Shooting Star'舞台と共にミヌ-ヘソン-ドンワンの爆発的な歌唱力とエンディ-エリック-チョンジンの深く落ち着いたラップがよく交わった흔적、약한남자、열병などの感性舞台は相変らずトレンディーだという評価を受ける神話の多彩な音楽スペクトルとその中に隠れた感性を感じさせた。
イ・ミヌは"神話創造という雲の中に閉じ込められた感じだ。失敗しても暖かく庇うという気がして共に楽しんでくれてありがとう。年齢は挫けることがあっても神話は挫けない"と話した。

◇'メンバー-グループ-ファンに向かった義理、挑戦と歴史になる
'神話21周年コンサート'Chapter 4'後半部


0000981967_001_20190421204505618_1.jpg

神話21周年公演'Chapter 4'の後半部は'Chapter 3'というサブタイトルの下2011~2018年の神話の活動曲たちで満たされた。この舞台は挑戦・記録・歴史などと表現される神話の音楽の中に含まれた6人のメンバーの限りない義理と神話というアイデンティティを守ってきた音楽情熱が強烈に描写された。
各ステージは洗練美溢れるエネルギッシュな魅力を見せたVenus、This Love、표적などの舞台を筆頭に甘く濃厚な感性と表現されたファンへの愛が目立ったKiss Me Like That、Orange神話特有の愉快さで共感するStay、Welcome舞台などに繋がって多彩な音楽構成だけでなくミュージシャンというアイデンティティを守るための神話とファンたちの連帯を濃厚に描写されていた。
特にバックパックキッドダンスイントロから愉快さと共感を同時に試みた'Welcome'の舞台は彼らの音楽の中に含まれている'神話創造'愛を直接的に表現したような印象を伝えた。
イ・ミヌは"軍服務以後神話カンパニー設立と神話という名前を探した時間まで全てよく過ごしてきたことは全部神話創造の皆さんのおかげだ"と話した。
キム・ドンワンは"負担するべきことがあったが商標権を取得することになった最も大きな理由が皆さんだった。正確に明日が21周年だ。この舞台と神話という名前を守るようにした理由になった皆さんに感謝する"と話した。

◇'毎回当たり前のように会いたい神話
'神話21周年公演'Chapter 4'終盤部


0002803660_005_20190421203902284.jpg

NOW'と命名された神話21周年公演'Chapter 4'終盤部は過去と現在をつなぐ神話音楽のアイデンティティと共に粘り強い音楽の歩みを約束するような姿を表わした。
この舞台はT.O.P、ウシャウシャ、Yo!、All Your Dreamsなどデビュー序盤のトラックとTime Machine、Voyage、Runなど全盛期の曲 별、Levelなど最近の曲までグループ神話の姿を総合的に溶け合った形態に繰り広げられた。
特に神話正規3集の後続曲であり昨年新しく生まれた'All Your Dreams'の姿のように主な曲がライブバンド編曲でトレンディーに蘇って、いつもトレンディーな音楽と感性に向かった挑戦を継続する'現在進行形長寿アイドル'神話の姿を予想させた。
全体的に神話21周年公演'Chapter 4'は現在進行形'長寿アイドル'の面々を才気溌剌だということと感性で描写して、彼ら特有の豊富な音楽魅力と感性を直接的に感じさせる舞台として性格を帯びる。
エンディは"21年間愛してくださって感謝する。10周年記念コンサートの時の映像のように20年、30年、死ぬ時まで熱心にする"と話したし、チョンジンは"時間が早く流れるようだ。とても意味深い席に感謝する"と話した。

0002803660_006_20190421203902329.jpg

キム・ドンワンは"デビュー初めは永遠だ、愛してる、すぐにこういう言葉をたびたびしたけど、21周年を迎えた今でもいつもそのようにしたらと思って考える。満ち潮引き潮が繰り返されても皆さんのそばに浜辺のように留まっている"と話した。
イ・ミヌは"神話として共にして幸せだし、神話創造を見ればいつも幸せだ。舞台が終われば虚しさが大きく押し寄せたりするが、その時間を新しい音楽と舞台で満たす。誇らしい神話の隣の神話創造になってほしい"と話した。
シン・ヘソンは"舞台の上で一生踊って歌うというのが時間が過ぎれば骨を折ることでもあるが、どんな状況がきても皆さんを第1位に考えて感謝した気持ちで生きる"と話した。
エリックは"僕は神話のメンバーたちが1番、神話創造は2番. 永らくアルバム内で公演してきたが当然であるようにしていきたい。 公演と活動が出来ないようにすることがあるならばみんな固く団結して戦い抜くだろう。いつも毎回当たり前に会いたい"と話した。

出処 : etnews.com

"この瞬間が大賞"…神話、21年史含蓄させた3時間(feat. 神話創造♥)

0000981967_001_20190421204505618_1.jpg

グループ神話がデビュー21周年にも変わらない健在さを表わした。
神話デビュー21周年コンサート'CHAPTER 4'が21日午後ソウル松坡区芳夷洞KSPO DOME(オリンピック体操競技場)で進行された。
この日公演時間になってファンたちはときめきを込めた叫び声で"神話サン!"を叫んだ。そしてすぐにオープニング映像が出てきた後メンバーが舞台の上で登場してデビュー曲'解決士'を最初の曲としてリリースした。
ブラックスーツを着て登場したメンバーは相変らずカッコいいい'オッパ美'を装着した姿だった。ファンたちはオレンジのペンライトを揺って'オッパ'たちを迎えたし、現場はそれこそ'オレンジの波'で壮観を作り出した。

0000981967_002_20190421204505645_2.jpg

'解決士'を始め'Only One','Perfect Man','Wild Eyes'まで4曲を連続で熱唱して休むことなく走った神話は一息ついて現場をいっぱい満たしたファンたちに正式に挨拶した。
ファンたちに向かって"僕たちは止まらない"としながら"最後までバカみたいに盛り上がってほしい"と頼んだ神話は'소망','Trippin','I Pray 4 U','JAM#1'の舞台を整えて雰囲気を熱した。その後 衣装を交替して登場して'Brand New','OH','Shooting Star'まで続けて熱唱した。
神話は公演の合間合間のVCR映像を通じて21年歴史をそっくり見せることにした。映像には神話が初めて大賞を受けた瞬間からメンバーがソロアルバムを発売して演技活動を広げる瞬間など21年間の時間が全て含まれていた。
神話は'Brand New'という曲を通じて初めて大賞を受けた当時を回想して"もう大賞は後輩が取れ。僕たちは長くすることが大賞だ。今この瞬間が大賞だ"と話してファンたちを感動するようにさせた。

0000981967_003_20190421204505654_3.jpg

ファンたちは映像を見て一緒に'その時期'を思い出さして微笑を浮かべた。メンバーもやはり21年という長い時間'最長寿グループ'というタイトルを守れるように一緒にしたファンたちに向かった感謝を表わした。
神話は感謝の気持ちを込めて'흔적','약한 남자','열병','Venus','This Love','표적','Kiss Me Like That','Orange','Stay','Welcome','All Your Drams','T.O.P','Level',' Voyage','格別'などバラードからパワフルなダンス曲までもう一度華麗な舞台をプレゼントした。
いつの間にか3時間がさらっと過ぎたし、公演は末に達した。神話はアンコール曲として'ウシャウシャ'をはじめとして'Time Machine','Run','Yo!'を選択した。アンコール曲だけで何と4曲を準備した神話は21周年を迎えた'最長寿グループ'のクラスを証明した。

出処 : xportsnews.com

今日のお昼の便で大阪に戻ってきました。

実は昨晩の公演の終盤辺りから頭痛が酷くて
頭痛薬を飲んでさっさと就寝したので
昨夜はブログ更新できず。

今朝はまだ頭痛が残っていたのですが
この時間になってだいぶマシになってきました。

とはいえ、明日からまた日常が戻ってくるし
今日お休みした分もがんばらないといけないので
いろいろとUPしたいものはあるのですが
とりあえずたくさん上がってきた関連の中から
記事2つだけ訳してみました。

かなり雑な感じですが、雰囲気だけでも伝わればと思います。

ひとつ補足するなら
記事の中で
ドンワンが「明日が21周年だ」と言った部分

ワタシが聞いた感じでは
「明日が何の日か知ってる?」って話し出して
メンバーも周りのファンの子たちも戸惑いながら
「月曜日?」とか答えてたんですが
ドンワンが
「明日で神話がデビューしてピッタリ7700日だ」って。
そんな日数まで把握しているなんてビックリしましたよ。

あ~
こんなこと書き出したら
いろいろとコンサートのことを思い出して
あれこれ書きたくなってきた。

って、レポを書けるほど
ちゃんと覚えているわけでもないんですけど^^;

記事を訳しているといろいろと思い出しますね。

ミヌのインスタとかたくさんの写真も整理したいのですが
もうしばらくお待ちください。
スポンサーサイト