FC2ブログ

神話からSechs Kiesまで

2018/10/18 (木)  カテゴリー/Shinhwa

1世代アイドル グループ活動注目

神話からSechs Kiesまで。10月の開始と共に一世代アイドルグループが順にコンサートを開いたり放送活動を再開してファンたちを浮き立つようにさせた。神話とH.O.T-Sechs Kiesは単独コンサートを通じてファンたちに会ったしgodはJTBC新しいリアリティー芸能プログラム'一緒に歩こうか'に姿を見せた。メンバーのカン・ソンフンを除いて4人体制で舞台に上がったSechs Kiesを除けば、残りの3チームはそのまま'完全体'の姿でファンたちの前に出た。神話がデビュー20年、H.O.Tは22年、Sechs Kiesは21周年を迎えたグループだ。godも来年1月には20年目グループになる。神話はデビュー後ずっとグループ名を維持してメンバーが一緒にしたし、解体宣言をせずにチーム活動を中断したgodは2014年全メンバーが集まって活動再開の便りを知らせた。公式にグループ解体宣言をしたSechs KiesとH.O.Tはそれぞれ2016年と2018年にMBC '無限挑戦'を通じて再結成された。

#神話, 20年にわたってグループ生活維持
90年代中盤、H.O.Tを基点に順にデビューしたアイドルグループが絶頂の人気を謳歌して歌謡界の流れは'ダンス音楽強勢'に全て変わった。シン・スンフン-イ・スンファン-キム・ヒョンチョル-シン・ヘチョルなど'シンガーソングライター'系列とまたは演奏実力を主な武器に前に出て歌まで歌ったミュージシャンよりアイドルダンスグループに対する注目度が高まった。この時期を経て歌謡産業はやはり'お金になる'アイドル中心に再編された。現在の国内歌謡界で最も影響力を持つ企画会社もどこ一つ関係なく人気アイドルグループを率いている。作詞-作曲およびプロデューシング能力を備えて楽器まで扱うミュージシャンが相変らず歌謡界を導いているが、こういう活動をしているミュージシャンの中でもアイドルとしてデビューして位置付けを固めたケースが多くなった。才能ある10代の歌手志望生が企画会社に入ってトレーニング過程を経た後アイドルのイメージでデビューして、若い層にアピールして活動基盤を固めた後、個人の音楽的力量が単純アイドルスター以上の場合ミュージシャンに発展する形だ。結局現在の大韓民国歌謡界はアイドル歌手中心の産業だと見るほかはない。そしてこのようなシステムの胎動は90年代中盤、いわゆる一世代アイドルグループの誕生と共に始まった。

2018101710192133553_l.jpg

神話はその時期にデビューした男性ダンスグループの中でほとんど唯一解体過程を体験せずに現時点まで来たチームだ。色々なグループがチーム内部および企画会社との葛藤または人気下落などの理由で解体の手順を踏んでチーム活動を中断する時、神話はかえって"全メンバーが最後まで一緒にする"としてグループ活動を守った。年を重ねて生き生きしていて爽やかな後輩グループと正面対決を行わなければならない難しい状況の中でも相変らずパワー溢れるダンスの実力と洗練された音楽をリリースして健在さを誇示した。
もちろん活動を受け継いでくる間、特定のメンバーが非難されて問題になったりもしたし、各自個人活動に邁進したり入隊などの理由などでチーム活動をできなかった期間もあった。その時期にもこのチームはメンバー間の義理と友情を前に出して'共に行く'という意を曲げなかった。メンバーも個別活動をして各自成否を等しく味わったが、結果的に神話というグループ活動を受け継いできたおかげで芸能界で席を守ることができた。6人のメンバーが20年を一緒にしてチームを維持するというのは単純にビジネスマインドだけ持っては不可能なことだ。それでこのチームが本当にすごい。
最近神話は20周年を記念してスペシャルアルバム'HEART'を発売したし、去る10月6日と7日 2日にわたってソウル オリンピック体操競技場でコンサートも無事に終えた。イ・ミヌ-エリック-キム・ドンワン-チョンジン-シン・ヘソン-エンディなど6人の正規メンバーが一緒にした。

以下略

出処 : news.imaeil.com

昨夜は学生時代の友人たちとの会食

いつものことながらバカな話で大盛り上がり

健康の話題が増えてきたのも歳のせいですね^^;
一番気になったのは「減量リハビリ」なるもの…
結果報告が待たれます。


というわけで帰りが遅くなったので
しっかり記事を読めていないんですが。

第一世代アイドルたちがそれぞれ活動しているよ~って記事

他のグループのことはよく知らないので
間違ってたら申し訳ないんですが
神話以外は解散をしたり
解散はしていなくとも事実上休止状態だったのが
最近になって揃って出てきたよ、ってことのようですよね。

それは20周年、っていうのかな?!
神話とはちょっと(イヤ全く)意味合いが違うような…

記事の中では
「6人のメンバーが20年を一緒にしてチームを維持するというのは単純にビジネスマインドだけ持っては不可能なことだ。それでこのチームが本当にすごい」って書いてくれていますが
でもこうやってひとつの記事にまとめられると
なんだか同列扱いみたいですよね…

しかも、この大事な部分
訳すときは「6人」に訂正していますが
実は記事では다섯 명(5人)って書かれているんですよ~
残念。
スポンサーサイト