FC2ブログ

BS朝日 - 韓流アワー「がんばれ、ミスターキム!」放送スタート

2014/05/21 (水)  カテゴリー/放送予定

MrKim_BSasahi.jpg

•6月25日(水)より、放送スタート!ご期待ください!

掃除、洗濯、料理をカンペキにこなす、スーパー家政“夫”「ミスター・キムが、さまざまな困難を乗り越えながら、真の家族のあるべき姿を見出していく、ハートウォーミング・ホームドラマの決定版!

top_ph01.jpg

ホームヘルパーとして働くキム・テピョンは、生みの母から捨てられたという悲しい過去を背負いながらも、明るく懸命に生きていた。そんな中、テピョンは死んだ兄が残しためいのヒレ、小児ぜんそくのソンア、脱北青年のチョルリョン、不渡りを出した父と生き別れたヒレの友人ジュソンとともに、一軒の家で暮らすことになる。
一方、テピョンに気があるジヨンは、彼に家政婦の仕事を紹介する。それは、金持ちのウギョンの家だった。しかし、ウギョンの父はやってきた家政婦が、男性のテピョンだったことに驚き…。

韓国では2012年に放送がスタート。殺伐とした時代に希望の光をともす、心が温かくなるストーリーは、あらゆる世代に支持され、視聴率は回を追うごとに上昇。最高視聴率は33.3%を記録した(韓国「TNmS」調べ)。
主演は、本作が5年ぶりの連ドラ出演となった、SHINHWA(神話)のキム・ドンワン。不幸な境遇にも屈することなく、子どもたちとともに前向きに生きる家政婦役を熱演。彼の吸い込まれる笑顔と誠実で深い演技は、見ごたえ十分だ。
未婚で4人の子持ち、しかし血の繋がりではなく愛で結ばれたテピョン一家の姿に、思わず「頑張れ!」と応援したくなること必至!さらに、先の読めないストーリー展開は、ハマること間違いなし!
さまざまな困難を乗り越えながら、真の家族の絆を描き出すホームドラマの名作がBS朝日に登場する。

【話数】全62話/字幕
【演出】ホン・ソック
【脚本】KBS(韓国)

出処 : bs-asahi.co.jp



ドンワンファンの方なら既に見た方も多いかもしれませんが…

ワタシも録画して全話揃っていますが
かなり長いので、改めて見ようとなかなか手が出ない。

平日(月~木)の14:57~15:55とのことなので録画しなくちゃいけないけど
こうして放送されるとなると
このタイミングで毎日見ようかな~というきっかけになります。

1時間のプログラムってことだし、1日に2話ずつ放送されるみたいですね。

オンニに仕事のメールのついでに
「ぜひ、見てくださいね~」ってPRしたし
他にもLINEやカカオであちこち宣伝しまくり。
皆さん「見る見る」「録画するわ~」と好意的な反応に感謝です。

ついでといってはなんですが、シナ関連の日本放送予定もご案内しておきますね。

<ホームドラマチャンネル>
神話キム・ドンワンのアバター合コン<FTISLAND出演>
5月24日(土) 後 6:00

勝負の神 2PM vs 神話
前編 6月19日(木) 後00:15/再放送 21日(土) 前10:45
後編 6月26日(木) 後00:15/再放送 28日(土) 前10:45

スポンサーサイト



この記事へのコメント

久しぶりの

DWが見れる情報♪ いつも、ありがとうございます。

まだ見てないので、絶対見るぞ。
というか、最近レンタル始まったので、借り始めたところでしたが・・・待ってればいいのか。
この長さ、確かにためこむと見れなくなりそうですねぇ。
毎日1時間を習慣に。

そして、コメントもありがとうございました!

Chie | URL | 2014/05/21 (水) 23:03

Chieさん

連日のコメントありがとうございます。

ワタシも久々のドンワンネタをUPできて嬉しいです。

レンタルDVDも出ましたが
やっぱり先が長いし
ご自宅でBSが見られる環境ならば
毎日1時間、いいんじゃないでしょうか。

でも、ついつい先が気になって
結局レンタルに手が出てしまう可能性も…

それもまたアリです^^

こぐま | URL | 2014/05/21 (水) 23:12 [編集]

結局レンタルに手が出てしまう可能性も…

十分ありえます・・・ ホホホ・・

そして、やはリドンワンは山へ行っていたと思われます。
バンクーバー近郊の山のリゾート地のコーヒーショップに出没したとの情報を見ましたよ。

Chie | URL | 2014/05/21 (水) 23:38

Chieさん

Whistlerですよね?

いつかドンワンと山に行く時のために
ワタシも鍛錬しておかなくては。

妄想とはいえ、そう思えば
辛い山道もがんばれそうです^^

こぐま | URL | 2014/05/22 (木) 22:11 [編集]

コメントを書く

装飾
 
※非公開コメント投稿不可
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)