FC2ブログ

1998→2013 '神話,神話を語る'- ①

2013/05/16 (木)  カテゴリー/Shinhwa

多くのアイドルグループが永遠を約束したがその約束の大部分は虚しく散らばった.しかしグループ神話(エリック イ・ミヌ キム・ドンワン シン・ヘソン チョンジン エンディ)は違った'必ず帰って来る'と言うファンとの約束をかっこよく守った神話は去年3月発表した正規10集に引き続き正規11集'THE CLASSIC'を販売して'神話'を成す.
来たる16日ベールを脱ぐ正規11集とタイトル曲'This Love'を通じて神話は次元が違うクラスを見せてくれる予定だ.'神話'という二文字だけでもブランドになった神話,彼らが神話を語る.

20130513092250_298231_520_600.jpg

① 神話,変わらない友情を語る
1998年デビューした神話は90年代,2000年代,2010年代まで貫いて'最長寿アイドルグループ'という歌謡界に'前無'の記録を立てた.これから歌謡界の'生きている歴史'になった神話は多分'後無'なグループに永遠に記録されるように見える.
メンバーたちの友情を省くと神話の存在原動力を説明しにくいほどに神話のメンバーたちは世の中に二つとない格別の存在だ.20歳にもならなかった幼い時代に会って,人生の半分近くを一緒にしたメンバーたちは多くの屈曲と困難の中でも同じ所に向かって来た.
エンディ=誰か1人が大変ならば残りの5人がたくさん気を遣ってくれる.個人活動に欲は出る人も確かにいるが現実的な困難があるにも関わらずお互いに気配りする姿が神話を粘っこく維持させる.それがまさに'継続して行く'と言う感じだ.
エリック=神話の持った真正性はある瞬間に見せてあげることができるのではない.時間が経ちながら自然に知られるのだ.周辺の人々も僕たちのように長い間活動しながらたくさん手伝ってくれている.
ヘソン=活動期間が長かったから誰か一人が注目されることがある状況が生ずる.しかしそのメンバーが自慢しないで他のメンバーたちを助けて引き揚げてくれる.これまで事件・事故も多かったがそんなことを乗り越えながらきちんきちんと積み重ねて経験になった.僕たちを堅くしてくれた.


20130510044152_297821_520_450.jpg

リーダーエリックはアイドルグループのリーダーシップの標本という評価を受けたりする.メンバーたちも今まで神話を導いて来た一等功臣で躊躇なしにエリックを挙げる.しかしエリックはその球をまた周辺で回した.
エリック=アイドルグループの開始はH.O.T.ではないか.ムン・ヒジュンさんを見ながらあのように話も上手でムードメーカーの役をすることがリーダーだと思ったから負担になることがあった.僕は僕のできない部分があれば熱心にしようという考えで臨んだ.僕の力だけで神話をここまで守って来たのではない.外部でどんなことが起こっても変わらなかった点が神話を長続きさせた力だ.平坦で怠惰になる度に事件事故があって危機感を感じるきっかけになった.

神話という名前の下 6人が一緒である時,メンバーたちは怖いものがない.最近'SNL Korea'を含めて多様な芸能プログラムで'捨てること'を実践しているシン・ヘソンは信じがたいほどに果敢な姿で視聴者たちを驚くようにした.
ヘソン='SNL Korea'に1人で出たら死んでもできなかったようだ.メンバーたちが支えたから可能だった.僕が一番意外だと注目されたかも知れないが他のメンバーたちも熱心にした.僕たちの姿が過度に映ったのではなく15年内攻があっても熱心にするという事実を見せてあげたようで胸がいっぱいだ.
エリック=ヘソンが何気ないわけないのに何気なく上手くやった.生放送だからみんな負担になることが多かったがもうちょっとおもしろくするためにたくさん努力した.


神話の友情がただ放送のための殻に過ぎなかったらその事実は一番先に大衆が見抜いたはずだ.私たちは'神話'という単語に自然と6人のメンバーを思い浮べて,引き継いで彼らの変わらない友情を思い浮かべる.羨ましい,一生の間心を交わすことができる友達が各々5人もいるという事実が.

出処 : etoday.co.kr



1998→2013 '神話, 神話を語る'- ②

BFhgGjTCEAAtN4G.jpg

② 神話,'This Love'を語る
神話は挑戦の象徴だった.多くのアイドルグループが可愛らしい顔とラインがきれいなダンスで少女たちの感性を刺激する時 神話は憚ることなくもろ肌を脱いだ.'T.O.P'というタイトルのように天国できらめくような王子様たちは3集'Only One'から障りない男性美に様変りした.'Perfect Man','君の結婚式','Brand New'につながってメンバーたちは舞台の上で汗ばむ男のセクシーな魅力が何なのか大衆に確かに刻印させた.
事実'野獣アイドル'という単語のできた時期は数えてみればいくらも経っていなかった.歌謡界がどんな修飾語を思い出す前に神話はもう他人達が歩かない道に堂々と足を踏み出した.
そしてデビュー15周年を迎えた今,神話は新しい挑戦と向い合った.正規11集タイトル曲'This Love'を通じて韓国アイドルグループ初の'Voguing Dance,モデルポーズから取った手の動作を利用してリズムを表現するダンス)'を試みるのだ.去る10日公開されたティーザー映像の反応は優に爆発的だった.神話は多くのイシューに点綴されたポータルサイト検索語順位上位圏を一気に掌握して彼らのカムバックを向けた大衆の期待感を確認した.
エリック=アルバムコンセプトを会議しながら様々な話を交わした.既存のように'男らしさ'や'カル群舞'を強調すれば食傷するようだった.それはもう他のアイドルグループたちが終えている.僕たちの年代に迎える新しいことを悩んだ.

会議の結果 神話は'30代中盤男性のセクシー'を選んだ.露出なしに小さな動作一つだけでもセクシーなことがあるという事実を大衆に確認させてあげる事にしたのだ.誰よりもメンバーたちが初舞台を期待している.韓国歌謡界初の破格的な試みが果してどんな姿に完成されるか,どんな反応を導き出すか知りたいからだ.
ミヌ=新しい姿を見せてあげたかった.'Brand New'の舞台パフォーマンスの延長線が去年の'Venus'なら,今度はメンバーたちだけでも舞台をいっぱい満たすことができるコンセプトを研究した.'舞台は3分30秒僕らのランウェイだ,僕たちの多様な姿を舞台で見せてあげよう',こうして始めた.
エリック=既存スタイルの振付をまた披露したら大衆は'神話がまた出たな'と認識する線で止むことがある.しかし今度は大衆の目を掴みたかった.'あれはなんなんだ'ともう一度見るようになる力を盛り込みたかった.


20130510044152_297820_520_450.jpg

'This Love'は最後まで4番トラックの'Scarface'とタイトル曲の位置を競合した.'Scarface'もやはりよく作られた曲で振付まで完成された段階だったが神話は'差別点'が欲しかった.
エリック='Scarface'が見せてあげることができる振付は既存の神話イメージに似ているという限界があった.一方'This Love'は舞台構成に破格的な部分を演出すればインパクトが大きいと言う気がした.

イ・ミヌは去る3月開かれた15周年記念コンサートで"タイトル曲の曲想が頭の中に浮び上がった"と言う言葉でファンの期待感を精一杯高めた事がある.しかし今回のアルバムには惜しくも彼の自作曲が積まれなかった.2000年売り出した正規3集からずっと自作曲をアルバムに収録したからもっと惜しさが残る.
ミヌ=今回のアルバムディレクティングを総括してみると時間的な余裕があまりなかった.気を使わなければならない部分が多くて作詞ばかりするようになった.コンサート以後曲を書くのに少しずつ引き延ばしになりながら自作曲を必ず入れなくちゃいけないと言う考えは欲心ではないかと思った.'ちょっと減らして全体的な絵を見よう'と言う心で作業した結果 今回のアルバムのための良い歌たちが出たようだ.あの時思い浮かんだ音楽はソロアルバムや次の神話アルバムに出ることができる.
エリック=今度はタイトル曲候補が最後までとてもたくさん零れ落ちた.デモトラックだけで8曲を僕に送った.もしタイトル曲で気に入る曲がなかったら直接作業をしたが良い曲たちが多くて敢えて新たに始めなかった.


正規11集'THE CLASSIC'は来たる16日発売を控えている.メンバー全員'歴代最高'だと自信する今回のアルバムは神話が'なぜ神話なのか'もう一度大衆に刻印させる機会になる見込みだ.




1998→2013 '神話, 神話を語る'- ③

1357220001.jpg

③ 神話,神話の未来を語る
メンバーたちはこの世の中の何より大事な'神話'という二つの文字が永遠に残るように願う.去年イ・ミヌはある芸能プログラムを通じて'神話博物館'を建てたいという所望を明らかにしたりした.もしかしたらその所望は早いうちに具体化になるかも知れない.
ミヌ=長い時間を一緒に暮らしたファンのための'神話公演場'があったらと思う.それが博物館ならファンが思い出を活かすことができるし僕らの公演も見られれば良いだろう.他の歌手も公演してだ.文化コンテンツの形態に設立されれば良いんじゃないか.
エリック=神話公演場というアイディアは良い.神話という名前が最後まで行こうとすれば神話公演場で後輩歌手たちがずっと公演しなければならない.それと共に神話が言及されること自体が神話を永遠にさせてくれるようだ.


いつの間にか30代中盤に入ったメンバーたちは通常の男たちのように可愛い子供達と睦まじい家庭を夢見る.しかし神話がアイドルグループであるほどにファンにメンバーたちの結婚というのをまだ受け入れること苛酷な現実だ.あるメンバーは"SMAP,日本の 5人組国民アイドルグループ)の木村拓哉も結婚したが盛んに活動していないか"と家庭を立てたい所望を現わした.しかし彼が一つ見逃した事実がある.木村拓哉を除いた4人のメンバーたちは1991年デビューの時から今までずっと'独りSMAP'だという事実を.
チョンジン=良い人に会ってカワイイ赤ちゃんを産みたい.
ヘソン=誰が一番先にするかは分からないがメンバーの中で誰が結婚すると言っても嬉しいようだ.
ドンワン=むしろ30代後半に'あの子どうしてまだ結婚しないんだ'と言う声を聞くのではないかと心配になる.たまにコンサート現場で前列に僕たちの2世たちがちょこんと座っている姿を想像したりもする.


20130510044152_297822_520_450.jpg

15周年は確かに意味深い年だ.ところがメンバーたちは15周年の与える重さが決して重くない.過去にもそうだったように現在にも,現在にもそうであるように未来にも,神話という名前の下6人のメンバーは強硬下吏と言う事実をみんなよく分かっているからだ.他人達に雄大に見える14,15年という数はどんな意味で神話にはただずっと引き継いで行く数字であるだけだ.
チョンジン=15周年の感懐も新しいが去年久しぶりにメンバーたちが団結して公演する時の感動がもっと大きかった.15周年が殆ど過ぎ去ってなくこれから20周年,30周年進む考えをすると気分が良い.今は時間があまり早く過ぎ去る.これからはもっと早く過ぎ去るから一日一日もっと熱心に生きたい.
ヘソン=神話という名前が運命のようにぴったり合ったようだ.今来てはとても誇らしくて大事な名前だ.
エリック=10年前雑誌のインタビューを見ればその頃10年後を遠い未来のように話した.今以前のように活動していることを見れば20周年,30周年にも何気なく活動しているようだ.
ミヌ=幼い時は歌手になって胸がいっぱいだったが今は神話なので胸がいっぱいだ.'神話のイ・ミヌ'と神話を名前の前に付けることができて幸せだ.ブログなどを通じて昔の映像を見れば'こういう時があったな'と思い出にひたるのに今の姿を15年経った時に見たらまたそのように感じるようだ.メンバーたちと続けてこうやって一緒に作りたい.


一寸先も分からない私たちの人生で未来を確信することができるという事実は幸せなことだ.もう彼らが神話という名前でずっと作って行く未来がもっと期待される.誰が何と言っても'나아가 언제까지나 신화(行くぜ いつまでも神話 *注 Shooting Star の最後の歌詞)'だから.

出処 : etoday.co.kr

スポンサーサイト



この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
 
※非公開コメント投稿不可
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)