FC2ブログ

남자의 사랑 歌詞

2008/06/13 (金)  カテゴリー/KIM DONGWAN

사랑할 땐 마음을 모두 주고
愛するときは心を全部捧げて

기대고 싶을 땐 어깨를 내 주고
寄りかかりたいときは肩をかして

죽을만큼 많이 아파도
死にそうなほど辛くても

보고싶다는 말을 하면
会いたいと言えば

아픈 것도 숨기고 가야 하는 사람
痛みを隠して行かなくちゃいけない人


남자의 마음은 아무도 모른다
男の心は誰もわからない

고개들고 울어서 하늘만이 안다
頭をもたげて泣くから空だけが知ってる

한사람을 위해서 살고
ひとりのために生きて

한사람을 품고서 죽는
ひとりを抱いて死ぬ

그 날에 남자는 웃는다
その日に男は笑うんだ


헤어질 땐 잘못이 없던 나도
別れるときは悪いところがなかった僕も

잘못이 많아서 미안해 말하고
ちゃんとできないことが多くてごめんと言って

미칠만큼 그리워지면
狂いそうなほど恋しくなれば

한참을 멀리 떨어져서
しばらく遠く離れて

행복하길 빌다가 돌아서는 사람
幸せになるよう祈って背を向ける人


남자의 마음은 아무도 모른다
男の心は誰もわからない

고개들고 울어서 하늘만이 안다
頭をもたげて泣くから空だけが知ってる

한사람을 위해서 살고
ひとりのために生きて

한사람을 품고서 죽는
ひとりを抱いて死ぬ

그 날에 남자는 웃는다
その日に男は笑うんだ


술 한잔 추억하나 있으면
酒一杯の思い出ひとつあれば

그저 외로운거 마저 잊어
寂しいことさえ忘れて


남자의 사랑은 언제나 슬프다
男の愛はいつも悲しい

눈이아닌 가슴이 눈물이 흘린다
目ではなく心が涙を流す

해가뜨면 잊으려 하고
陽が昇れば忘れようとして

달이뜨면 잊지 못하는
月が昇れば忘れられない

세상에 남자는
世の中の男は

남자의 사랑은
男の愛は

나란 남자는 바보다
僕という男はバカだ

スポンサーサイト



この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
 
※非公開コメント投稿不可
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)