FC2ブログ

천일유혼 歌詞

2011/03/09 (水)  カテゴリー/SHINHWA

나를 진정 원하시면 언제 든지 널 따라 가겠어
僕を本当に望むのなら いつでも君について行くよ

내인생을 한순간도 너를 잊고 살아 본적 없어
僕の人生を一瞬でも君を忘れて生きたことはないよ

in the night this so right holding your bady tight
close to me close to you baby

모든게 꿈같아 너를 잃는 다는게
全て夢のようだ 君を失うなんて

단한번만 그대를 안고 싶어
ただ一度だけ君を抱きたい


내곁에서 너떠나간 후 매일밤 꿈속에 널 봤어
僕のそばから君が去った後 毎晩 夢の中に君を見た

baby you don't be scared you don't be shy

다신 너를 혼자 두지 않겠어
二度と君を一人にしない

왜 하늘은 나에게 시련을 주는지
どうして神は僕に試練を与えるのか

오 내사랑 떠나지마 너있는 곳에 날 데려가줘
僕の愛よ 行かないで 君のいるところに僕を連れていってくれ


in the night this so right holding your bady tight
close to me close to you baby

모든게 꿈같아 너를 잃는 다는게
全て夢のようだ 君を失うなんて

단한번만 너를 안을 수 있다면
ただ一度だけ君を抱けるなら

누가 뭐라해도 난 상관없어
誰が何と言おうとも僕は関係ない

나 혼자만이 너를 볼 수 있게해줘
僕ひとりだけが君に会えるようにしてくれ

빛을 잃고 나 쓰러 진다해도 my laby forever
光を失って僕は倒れるとしても my laby forever

나 포기하려 하지마
僕よ 諦めようとするな


니가 떠난후 난 1000일 동안
君が去った後 僕は1000日の間

매일 너의 사진을 품에 안고 1000번의 제 이름을 불렀어
毎日 君の写真を胸に抱いて 1000回 君の名前を呼んだ

1000개의 눈불 방울이 너의 사진을 적셨어
1000個の涙の粒が君の写真を濡らした

<천일유혼> 영혼의 모습으로 내게 돌아 온거야
<千日有魂> 霊魂の姿で僕のところに戻ってきたんだね

차가운 너의 작은 몸을 안고
冷たい君の小さな体を抱いて

무지무지 달콤한 너의 살을 느껴보고 싶어
すごく甘い君の肌を感じてみたい


아침이 오면 너를 보내야만해
朝が来たら 君を見送らなくては

또 다시 천년같은 기다림을 참아야만해
またもういちど1000年くらい待つことに耐えなくては

하지만 괜찮아 불어오는 바람결에
だけど大丈夫 吹いてくる風の動きに

너의 머릿결을 느낄수가 있고
君の髪の動きを感じることができて

너도 역시 다른 세상에서 나를 그리워하고 있을테니까
君もまた別の世界で 僕を懐かしがっているだろうから

다만 현실의 벽을 넘어 영겁의 세월로 이어지길 바래
ただ現実の壁を越えて 永劫の歳月に繋がることを願う

in the night this so right holding your bady tight
close to me close to you baby

모든게 꿈같아 너를 잃는 다는게
全て夢のようだ 君を失うなんて

단한번만 그대를 안고 싶어
ただ一度だけ君を抱きたい

in the night this so right holding your bady tight
close to me close to you baby

모든게 꿈같아 너를 잃는 다는게
全て夢のようだ 君を失うなんて

단한번만 그대를 안고 싶어
ただ一度だけ君を抱きたい

in the night this so right



最初にこの歌のライブ映像を見たとき
なんだか怖いイメージがあったんです。

千日有魂と赤いバックに見たこともない四字熟語がステージに現れて…
ただそれだけの印象なんでしょうけど。

改めて歌詞を見直して
亡くなってしまった彼女を忘れられずに想う歌だったんですね。



スポンサーサイト



この記事へのコメント

コメントを書く

装飾
 
※非公開コメント投稿不可
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)